ブーケの由来

結婚式でウエディングドレス姿の花嫁様が

なぜブーケを持つことが定着しているかご存知ですか?

この歴史は20世紀初頭に遡ります。

男性が女性にプロポーズをする際に、自分で野花を摘んで花束にし

女性に結婚を申し込んだそうです。

そこで女性がYESの返事をする時に、その花束の中から一輪抜き取り

そっと男性の胸ポケットにさした…

という話がブーケの始まり♡

 

 

【ラウンドブーケ】

最もオーソドックスな丸い形をしたブーケ。

使う花の種類や色で雰囲気を変えることができます\(^o^)/

基本的にどんなウエディングドレスにも合いますが

スレンダー系よりプリンセスラインとの相性が◎

 

 

 

 

 

【クラッチブーケ】

クラッチは英語でギュッと掴むという意味があります。

その名の通り掴める長さで茎を切り揃えて

束ねたデザインのブーケです。

カジュアルな雰囲気が好きな花嫁様に人気☆

 

 

 

 

【キャスケードブーケ】

キャスケードとは英語で小さな滝のこと。

流れるような縦長のデザインが特徴です!

大きめの花や葉を組み合わせて作られることが多く

気品と存在感が(^_-)-☆

 

 

 

ブーケには様々な形があり使う花や色の組み合わせによって

雰囲気がガラリと変わります☆

ドレスの形や新婦様の雰囲気に合ったブーケを

当館のフローリストがご提案させて頂きます!

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

ブライダルフェアのご予約は こちらをクリック▼

bt_fair.png

 

見学のご予約はこちらをクリック▼

8.png

 

北関東最大級の圧倒的スケールを誇る
アルファーレ グランシャトー
カテゴリー: BLOG