ウェディングブーケの歴史と由来

ご新婦様の手元を美しく華やかにしてくれる

〈ウェディングブーケ〉

結婚式でほとんどのご新婦様が持っている

定番アイテムです♡

 

しかし、なぜブーケを持つようになったか

ご存知でしょうか?

 

本日のブログでは

ウェディングブーケの歴史と由来をご紹介致します(^^)

 

 

ブーケの始まりは1800年代前半で

日本では江戸時代後期のことです。

歴史としては浅く、200年ほどです。

 

当時、ヨーロッパではブーケを持つ代わりに

頭に花冠をのせていたそうです。

 

流行に敏感でオシャレなご新婦様の中には

ドレスに花冠を合わせる方がいらっしゃいますが

実は花冠のがブーケより古い歴史をもっているのです!

 

 

ウェディングブーケの由来は

さまざまなものがあるとされています。

その中でもよく言われているものが2つあります。

 

①新婦を守る魔除けから由来するもの

昔、ヨーロッパでハーブは

虫よけに使われていました。

虫よけや魔除けなどお守りの意味を込め、

ハーブを集めて花束にしたのがブーケでした。

花嫁様を一生守ってくれるお守りとして

ブーケを持つようになったと言われています。

 

②プロポーズの儀式から由来するもの

中世ヨーロッパではプロポーズする際に

男性が女性のために花束を作って

プレゼントしていたと言われています。

プロポーズの返事がYESの場合、

女性はその花束の中から花を1輪抜き取り

男性の胸元にさしてあげます。

これが結婚式の

ブーケとブートニアの由来とされています。

 

 

ウェディングブーケは

単にご新婦様を美しく見せるアイテムではなく、

ご新婦様を守ってくれるものであったり

愛する男性からの想いが形になったものなのです。

 

ウェディングブーケを選ぶ際は

指輪やドレスを選ぶ時と同じくらい

こだわって選んでみてはいかがでしょうか?

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

ブライダルフェアのご予約は こちらをクリック▼

bt_fair.png

 

見学のご予約はこちらをクリック▼

8.png

 

北関東最大級の圧倒的スケールを誇る
アルファーレ グランシャトー
カテゴリー: BLOG