Alphare-granchteauのグラニテのお話

本日はアルファーレグランシャトーの婚礼フルコースの中の一品『グラニテ』のご紹介をしていきたいと思います。

 

グラニテはフランス発祥の氷のお菓子。主に果汁と糖度の低いシロップを混ぜて、シャリシャリに凍らせたものです。 フレンチのフルコースの途中で提供される「口直し」は凍った果汁で、口の中をさっぱりさせる役割があります。

 

グラニテは、魚料理とお肉料理の間の提供されることが多いと思いますが、これは魚料理を堪能して頂いた後に、一度グラニテでお口の中をリフレッシュして頂き、その後のお肉料理をより一層美味しく食べてもらいたいという流れなのです。

 

そのような意味合いのある「グラニテ」ですが、アルファーレグランシャトーでは、季節などにより多少変わることもありますが、4~6種類ご用意しております。

・ベリーベリーのグラニテ‥‥‥苺とラズベリーで作りあげるグラニテ。2種のベリーの味わいが楽しめるグラニテとなっています。

 

・ブラッドオレンジのグラニテ‥‥‥一般的なオレンジと違い、さっぱりとした甘さで酸味が強く味が濃厚なのが特徴のブラッドオレンジを使用してグラニテを作っております。

 

・グレープフルーツのグラニテ‥‥‥さわやかな甘酸っぱさのグレープフルーツの果肉と果皮を使用。とても爽やかな味わいが楽しめます。

 

・桃のグラニテ‥‥‥

 

・青林檎のグラニテ‥‥‥一般的な林檎よりも、やや酸味のある爽やか系の香りの青林檎を使用してます。

 

・柚子のグラニテ‥‥‥香り豊かな果皮&果汁の酸味を楽しめる柚子のグラニテです。

 

グラニテは基本的にお口直しの氷菓子ですので、柑橘系のグラニテがさっぱりとしておすすめです。

 

もし上記以外のご希望のフルーツでのグラニテがございましたら、お気軽にご相談して下さいね。

カテゴリー: BLOG