教会式の儀式

白いドレスに身を包み、バージンロードを歩く…

そんな姿に憧れを抱いている女性も多いのでは?

キリスト教の教えにのっとって行われる教会式には

様々な儀式が存在します。

本日は教会式の儀式の由来についてご紹介致します♪

 

 

 

《バージンロード》

バージンロードは花嫁様の人生そのものです。

チャペルの扉には『誕生』の意味があり、それを開くことで『人生』が始まります。

またバージンロードはお父様が花嫁様を

新郎様の元までエスコートする道でもあります。

家族と共に過ごしてきた瞬間をかみしめながら

今までずっと花嫁様を見守ってくれていたお父様と一緒に歩いていきます。

お父様はエスコートをチェンジし大切な娘を新郎様に受け渡し

これからの人生のエスコートを新郎様に託します。

花嫁様の誕生から新郎様に出逢うまでの人生の軌跡がバージンロードです。

 

 

 

《ベールダウン》

ベールには清浄のシンボルで悪魔や悪霊から身を守るという意味があります。

今まで愛情いっぱい大切に育ててきた娘に

お母様が最後にしてあげるお世話です。

ベールダウンをして頂くことで、0歳に戻るということも意味します。

 

 

《ベールアップ》

花嫁様がベールを顔に覆いながら入場するのは

新郎様以外の男性や邪悪なものから身を守るためなのです。

ベールを上げると花嫁様を守るものは何もなくなります。

代わりに『これからは僕が守ります』という

新郎様の決意が込められています。

花嫁様の顔を覆うベールは二人の間に壁がある証拠。

それを新郎様が振り払うことで

『二人は一緒になれる』という意味合いがあります。

 

 

 

《ウェディングキス》

誓いの言葉をお互いの唇と唇でその言葉を封印するのです。

『二人の誓いを封印して、永遠の愛を誓う』

それがウェディングキスなのです。

 

 

《指輪交換》

お互いがお互いを永遠に愛し慈しみますと立てた誓いを

結婚指輪を交換することで形にし、誓いの証にしたもの。

マリッジリングは左手の薬指にはめます。

左手の薬指は指の中で一番心臓に近い特別な指と考えられてきました。

またお互いに交換するのは

終わりのない永遠の愛を誓うという意味や

堅実な結婚生活を送るという意味を持っています。

 

 

 

なんとなくこうするのが普通だと思っていた儀式にも

いろんな願いが込められているのです!

由来を知ることよって

より一層感動的な結婚式になるのではないでしょうか( *´艸`)

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

ブライダルフェアのご予約は こちらをクリック▼

bt_fair.png

 

見学のご予約はこちらをクリック▼

8.png

 

北関東最大級の圧倒的スケールを誇る
アルファーレ グランシャトー
カテゴリー: BLOG