ウェディングドレスの由来

結婚式での花嫁様のお支度と聞いて

皆様はどのようなお衣裳をイメージをしますか?

 

日本古来から受け継がれている伝統衣裳である白無垢。

お姫様のようなウェディングドレス。

どちらも素敵ですよね♡

 

本日は誰もが一度は憧れる

ウェディングドレスの由来についてお話しさせて頂きます(^_-)-☆

 

白いウェディングドレスが一般に広まったのは

19世紀、イギリスのヴィクトリア女王が

自身の結婚式で白いドレスを着用したことがきっかけと言われています。

 

女性としての本当の幸せを手に入れた

ヴィクトリア女王への憧れから

瞬く間に世界中で白のウェディングドレスが大流行したそうです。

 

白には純潔・無垢、純真という意味が込められており

花嫁様の純潔さ、純真無垢なイメージの象徴なのです!

 

純白のお衣裳に包まれて迎える大切な一生に一度の記念日。

特別な気持ちで結婚式当日をお迎えください(*^^*)

 

 

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

ブライダルフェアのご予約は こちらをクリック▼

bt_fair.png

 

北関東最大級の圧倒的スケールを誇る
アルファーレ グランシャトー
カテゴリー: BLOG