結婚指輪の言い伝え

結婚式で指輪が愛の証として扱われるのは
「円は終わりがないもの」だからなんです
 

切れ目のない「輪」の形は「永遠」を意味し、
四季や満ち欠けする月など、
繰り返す自然を表すともいわれています

運命によって出会い愛を育まれてきたお二人♡

その想いがずっと変わらないように、
という願いを込めて交換されるのが結婚指輪☆

これから未来をともに歩んでいくお二人が、
結婚を祝福してくれる人々の前で心と心を強く結ぶ瞬間、
結婚指輪はかけがえのない証としてふたりの指に輝きます

結婚後もお互いの存在と初心を思い起こさせてくれる、
大切な約束の品なのです♪

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 

ブライダルフェアのご予約は こちらをクリック▼

bt_fair.png

 

見学のご予約はこちらをクリック▼

8.png

 

 
北関東最大級の圧倒的スケールを誇る
アルファーレ グランシャトー
カテゴリー: BLOG