結婚指輪交換のコツ

ゲストが自分たちに注目しているという緊張感で

思うように指輪が入らない?!

焦れば焦るほど手が言うことを聞かなくなり

かっこ悪い姿をゲストに晒すことに…

(これは起こりがちな挙式ハプニングの1つです💦)

 

本日は結婚指輪交換のコツをご紹介(^^)/

 

 

◆手の位置◆

つけてもらう側は肘の角度を90度にして待ちます。

ご新婦様は左手を出す際に

右手を軽く左手首に添えると美しく見えます。

(一般的にご新郎様はやりません。)

 

つけてあげる側は左手で相手の左手を取り

右手で相手の左手薬指に指輪を入れます。

自分の自分の胸の高さより少し下で行うと

写真写りバッチリです☆

 

 

◆指輪のはめ方◆

つけてもらう側は指の力を抜き自然な状態いると

指輪が入りやすくなります。

 

つけてあげる側はまず第二関節まで指輪を入れます。

ここまでは比較的にスムーズに入るのですが

第二関節より先が問題なのです!

軽く相手の薬指を引っ張るようにして

第三関節まで入れます。

 

 

いかがでしたでしょうか?

 

もし当日指輪が奥まで入らなかった場合は

無理に奥まで入れる必要はありません。

指は痛くなりますし

押し込もうとしているのがゲストにも分かってしまいます。

 

当館では結婚式当日を迎える前に

チャペルリハーサルを行っております。

その際に指輪をお持ちいただければ

実際に指輪交換の練習を行うことができます!

 

 

結婚式を控えているお二人は

是非ご自宅で練習をしてみてくださいね♡

 

 

 

 ◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

 

北関東最大級の圧倒的スケールを誇る アルファーレ グランシャトー

 

カテゴリー: BLOG